まつげの植毛体験談 :
まつげの植毛専門サイト | Dr.トーム(白澤 友裕)医師によるまつげの植毛を東京院・千葉院で行っています。


まつげの植毛体験談


手術体験レポート1


体験者プロフィール
通販会社を経営する42歳。アイラインのアートメイク、美容整形経験あり。
テレビのショッピングチャンネルや新聞・チラシなどで広告にアップで顔を出すことも多い。
目尻切開を過去に行なった経験があり、その部分にはまつげが生えて来ないので、今回その部分にも植毛を依頼した。
エクステをつけられないほど下まつげが少ないのも悩み。
いままでは、ネット上にも経験者の声や症例写真が少ないので不安だったが、先生のカウンセリングを受けてみる事に。


問診票記入 15:30
問診票記入

予約制なので人と顔をあわせず安心。待合ソファで問診票を書き、治療後のケアなどの注意事項に目を通した後、メイクを落としてトイレを済ませ待つこと数分。ちょうど自分の肌用の保湿剤を持っていっていたので、洗顔後もしっとり。こだわりがある人はクレンジングやスキンケアを持参するか、すっぴんで行った方がいいかも。

カウンセリング 15:45
カウンセリング

術後の経過写真や、実際先生がオペからフォロー迄した患者さんの症例写真を使ってメリットもデメリットも丁寧且つわかりやすく、説明してもらう。
気になっていた下まつげの植毛のリスクや術後のケアについてもしっかり理解できるまで話をしてくださり、無理にオペを勧めない先生の人柄も信頼出来る!・・と、逆にモチベーションがあがり「次回にしたら?」と先生に言われた下のまつげの植毛にも挑戦すること(^O^)/

植毛用の頭髪をチョイス 15:50
植毛用の頭髪をチョイス

着替えはとくにせず、顔あてや胸当てを置かれてマッサージ屋さんのようになったベッドに上がってうつ伏せになる。
髪の毛を触って、細さや薄さ、普段の髪型を確認されたあと、先生と看護師さんが後頭部左耳寄りの個所の髪を選んで結んだ様子。少しすると「ジャキジャキ・・」と、結んだ部分の髪の毛を切る音が聞こえた。けっこうざっくり切られた感じがして不安になってどのぐらい切ったのかを聞くと、結んだ髪の毛の範囲は4〜5センチぐらいだそうで、性格にもよるが、傷口は隠れてほぼ気にならないとのこと。まー確かに美容院では小さいころ頭をケガして。ぐらいの言い訳で済むかな。
後頭部から植毛用のドナーの採取部分を決定し、まつげ植毛用のドナー採取します(手術後2週間で抜糸します)。


16:00
後頭部に痲酔注射さっきまとめた部分の髪の毛の周りに部分的なきゃー頭に注射ぁ(>_<)と、びびってるうちに先生が 「はい、ごめんね。ちょっとチクっとするよ。ごめんね。」と言う優しい声と同時に (キャーーーーー!!!!!)・・・・・・・チクン☆・・・・あれ?痛くない?なんかシャーペンかつまようじでチクっとされた感じが5、6回?なるほど地肌って意外に鈍いのか?はたまたドクターの腕なのでしょうか?なんにしろ超びびりな私も大丈夫でした♪(´ε` )


株分けスタート 16:35
株分けスタート

縫い終わり、ベッドから起き上がると同じ部屋の隅のデスクで看護師さんが株分けを初めていて、のぞきこむと、薄さ3ミリ?ぐらいにスライスされた幅4、5センチぐらいの頭皮がそこにある。
ゼリーのように薄く採取された頭皮からは1 センチぐらい髪の毛が残されて切られている。
看護師さんは、その物体?の根っこにあるうすい頭皮を残しながら謎の木の道具を使って、器用に一本ずつに株分けし、銀色の濡れたトレーの上に超丁寧に並べていらっしゃる!まさに職人芸!うーん、すごい!!なんかホームページから想像してた毛根より我ながら(?)みずみずしくてキレイ?(*☆*)


17:45
株分け待ち採取部位を大き目のガーゼをあて医療用のテープで止めてもらう。株分け作業の間一時間ほどあるので携帯を持っていけば外出オッケーとのこと。なるほど、痛みもないしこれなら外に出られそう。ただガーゼがちょい目立つ感じなんだけど、帽子が大きいとかベリーショートじゃなきゃごまかせそう。1時間経過する10分程前、ブロック痲酔を額に打つとのことで、その箇所をアイスノンでオペ直前まで冷やす。しかし氷、ちめたーい!実はこれがキーン☆(><)と来て一番つらかったかも?!


植毛スタート 17:50
植毛スタート!

株分け完了、オペ室に通される。服装はそのままでもOKらしく、今度は仰向けで寝る。ああ、いよいよだ!!とにかく小心者な私はブロック痲酔すら痛そうでいやだったので、点滴からドルミカムという静脈麻酔をお願い・・・というより懇願!これは寝る状態になれる注射。実はこれ、通常3万円から5万円取るのがクリニックの相場なのに、ここではなななんと手術代金に込み!わお!痛みが嫌いなのにキレイになりたい欲張りさんにとっては嬉しい?!うーん、まつげ植毛単体でも料金比較しても安いうえに、先生の症例数は業界ナンバーワンだし、家から遠くてもここにしてよかった?。あーー麻酔がきいてきた・・ふわーっとしてきて気持ちよか?


実際の植毛画像(自毛ニードル植毛法)です。


まつげの植毛手術1


まつげの植毛手術2



20:00
手術完了

気付けば麻酔がさめ先生が下まつげに植毛しているシーンでした。
おおおおお!なんか痛いような気がするぞ!こわーー!きゃーせんせー!麻酔、麻酔足して〜!とろれつのまわらない助けを連呼。はいはい、と先生の落ち着いた声がして、麻酔を足してくれたかくれないか、とにかくかなりの鈍痛とするどい痛みがしたまつ毛のところにあるような気がして大袈裟に痛がっていたら、それから手術は1〜2分で終了?これで終わりってこと?

20:10
手術の直後

手術が終わると、だんだん閉じている目のふちががヒリヒリぴりぴりして滲みるような熱いようなけっこうするどい痛みがある。痛い〜。ゆっくり目をあけようと・・・ん?・・・ぎゃあ!!右目が!右目が開けても見えない〜〜!と騒いでいたら、オペの時にする目を傷つけないコンタクトをしていたからだった。いやー失明したかと思った!(そんなに簡単に失明しないよね〜)と、安心するとまた思い出す!い、い、痛い!ヒリヒリして超いったーい!と、これた大袈裟に騒いでいると、看護師さんが冷たいガーゼを目にあててくれた。あああ、素敵・・・。痛みが冷たさでわからなくなって、熱さも落ち着く〜。先生曰く麻酔もさめたばかりだしまだ痛みもあるようだから少しゆっくりしてから帰った方がいいねとのことでしたが、5分ぐらい2、3回冷たいガーゼを取り替えたらすっかり痛みがなくなって意識もはっきりしたので帰ることに。

看護師さんが「鏡を見ますか^^?」と言って渡してくださる。明日出勤なんだけどどんだけ腫れてるかな?まつげパーマしないオペしたてのまつげはどんだけバサバサかな〜・・・と不安になりながら鏡を覗き込むと。。。あれ?あれ?なんだこんな感じか!?ほっとした〜^^; 二重が泣きまくった翌日ぐらいの腫れぐらい広くなってて、植毛したところが少しだけ赤くなってる。涙と血がまざってカピカピしてるところもあるけど、他のまつげと一緒の長さにカットしてあるのでぜーんぜん目立たないぞ。これならサングラスはいらないぞー。今夜は頭を高くして寝て、いつもより1時間ぐらい早く起きて冷やしたら結構自然かも。これなら手術日から2日も休めたら人にもばれない感じ。なんか花粉症で〜とか言って目薬さしてれば翌日でもばれなそう〜♪まつげをさわると・・・なるほどかた〜い!!「ふさふさまつげ」というより、「ざくざくまつげ」って感じ。意志のある感じがたくましい!そして・・・なんか黒っ!まつげって細くて茶色なんだなーと実感。



手術体験レポート2

上と下の両方の
まつげの植毛をした
○室○美さんからのお手紙です。

私は目が小さいのがコンプレックスで、少しでも目の印象を強くしたいと思って、まつげの植毛を上下ともしました。
始めにうつ伏せになって、頭皮から髪の毛を取るのですが、麻酔をするので、痛みはほとんどありませんでした。
「ジュッ」とした、手術中の音は聞こえるのですが、感覚もほとんどないので、頭皮を縫う時も、全然痛くありませんでした。

あっという間に頭皮の手術が終わったあと、株分けの為、私は少し休憩。
その間、外出もできるのですが、縫ったところにガーゼが付くので、私は待合室にいることにしました。

予約制で、人と会うことはないので、本を読んだり、ゆっくりくつろいでました。
待ち時間も意外と早く、いよいよ植毛手術。

目を傷つけないためかな。
コンタクトレンズを2枚つけるのですが、裸眼の私にはここからが戦い。
麻酔をうって植毛をするのですが、これは正直痛い・・。

感覚だときっと、目尻よりも中心から目頭にかけての方が痛みが強かったです。
耐えられないほどの痛みじゃなかったんですが、後半は「痛いです・・」って、思わず先生に弱音を言ってしまったぐらい。
しいていうならば、レーザー脱毛で1番敏感なところを照射されている時の痛みと似てるかな。
でも途中、先生が「今、半分ね。」、「あと20本ね。」、「あと10本ね。」と細かく声をかけて下さるので、結構頑張れます。

下まつげは、別の日にしたのですが、こっちは上に比べたら、全然!痛くないって言ったら変ですが、麻酔の種類が違うのかと思ったぐらい痛さ半減でした。

手術をして1年経過し、結果、私はして本当によかったと思っています。
まつげで目の印象、顔の印象がガラッと変わります。

その日のシーンによって、短く切ってみたり、伸ばしっぱなしにしてみたり。

伸びるのも早いので、前髪を短く切りすぎてしまった時と同じような感じで、少々失敗してもいつの間にか長くなってます。
エクステや付けまつげで、目や皮膚に負担をかけるより、植毛の方が、見た目も自然です。
切ったり、ビューラーしたり、普段のケアはありますが、まつげに関してのマイナスな悩みはなくなりました。
あの時、お世話になった先生や看護師さん、本当にありがとうございました。


まつげの植毛を希望される方はこちらからお問い合わせ下さい。